Q&A

HOME > 産科 > 【ソフロロジー式分娩法】QアンドA

ソフロロジー式分娩法・Q & A

「ソフロロジー式分娩法」ってどんなの?
よく寄せられる質問をまとめてみました。

Q1 赤ちゃんが元気に産まれて来るのはなぜ?

無理に“いきむ”ことをせず、「フーッ」というゆったりとしたソフロロジー式呼吸法でゆっくり息を吐き、その反動で無意識に息を吸えば、酸素は効率よく赤ちゃんに行き渡ります。その結果、生まれて来る赤ちゃんは血色のいいピンク色をしているのです。

Q2.とても静かに出産できるのはなぜですか?

赤ちゃんと一緒に母親もリラックスしていて、無駄にいきむこともなく、お腹の赤ちゃんと相談しながら自分のペースでリラックスして出産を進めることがトレーニングによってできるようになるからです。

Q3.痛みが少なくなるというのは本当ですか?

本当です。陣痛を赤ちゃんを産むための必要なエネルギーと考えるイメージトレーニングをすることにより、痛みを切り替えるスイッチを入れ、陣痛をそれほどの痛みとして感じなくするのです。

Q4.会陰裂傷が少ないと聞きましたが、本当ですか?

本当です。ソフロロジーは無理な「いきみ」をかけないでゆっくりとリラックスした状態で出産するため、赤ちゃんもゆっくりとしたスピードで出て来るので裂傷が少ないのです。

Q5.トレーニングは難しいですか?

簡単です。誰にでもできます。週に2回ほど数十分CDを聴き、ゆったりとした気持ちでイメージトレーニングを重ねるだけです。

Q6.ソフロロジーで産むメリットを教えてください。

妊娠中から母性を育むことにより、以下のことが期待できます。

  • 出産時の母体疲労度が少なく、会陰裂傷も起きにくい。
  • 十分な酸素をもらい、ピンク色の元気な赤ちゃんが生まれる。
  • 静かで痛みの少ない出産が出来る。
  • 産後のマタニティーブルーがほとんどおきない。
  • 子供の虐待防止の効果が期待できる。