ソフロロジー式分娩法

HOME > 産科 > ソフロロジー式分娩法

ソフロロジー式分娩法

ソフロロジー式分娩法とは

今フランスで主流となっている分娩法「ソフロロジー式分娩」
薬物などは全く使用せずに、赤ちゃんにとてもやさしく、お母さんの陣痛をとても軽くできる自然な分娩法です。

日本ソフロロジー法研究会会員証

sophrology_img03.jpg

sophrology_img04.jpg

 当院はこのソフロロジー法研究会の正式会員となっています。また、ソフロロジー式分娩法の認定指導医の資格もあわせて持っています。
ソフロロジー式分娩で出産された方々に感想を聞いてみますと、「楽に産めました」「赤ちゃんと一緒の出産ができました」と満足のいく出産ができたという答えが返って来ます。それは、ソフロロジー式分娩法が単に陣痛を乗り切るためだけの他の分娩法と違い、妊娠から出産、さらに育児へとスムーズに移って行けるように考え出された分娩法だからなのです。

陣痛の痛みを赤ちゃんを生み出すためのここちよいパワーに切り替える力

 他の分娩方法とはまったく違い、ソフロロジー法は心の面と身体の面の2つから成り立っています。

 心の面では、“赤ちゃんがとてもかわいいと思えるようになる”こと、身体の面では、“緊張とリラックスのメリハリをつけることが出来るようになる”ことです。

 これを習得することによって、無意識のうちに陣痛を、赤ちゃんを生み出すためのここちよいパワーと感じることが出来るようになるのです。つまり、「痛みを切り替えるスイッチ」が持てるようになります。

ママがリラックスしていると赤ちゃんもリラックスできます

院長より

 人生のうちで大きな部分を占める大切な出産です。ですから単に「部屋がホテルみたいだから」とか、「フランス料理のフルコースがサービスされるから」といった理由で分娩先を決めず、その出産方法にも、もっと関心を持っていただきたいのです。

 出産は医師にさせられたり、してもらったりというものではなく、自分の意志で赤ちゃんと共に積極的にするのが一番いいと思います。その意味で、ソフロロジー式分娩は、おかあさん達に自信を持ってお勧めできる出産方法だと私は思っております。

 分娩はおかあさんだけがするものではなく、おかあさんと赤ちゃん2人の初めての共同作業なのです。もう1人の主役である赤ちゃんの事を思いやって、赤ちゃんが楽に生まれて来れるよう、おかあさんは出来るだけリラックスしてあげることが大切です。ソフロロジーを体得すれば陣痛も心地よいものと感じることができ、苦しい、つらいというような感情はなくなります。赤ちゃんとおかあさんの絆をより強め、かつ優しいお産。とてもいい分娩とは思いませんか?

日本ソフロロジー法研究会ホームページ